無駄を省くことも考える

注文住宅を横浜や京都で建てるとき、こだわりを詰め込むと予算をオーバーしてしまうことがあります。そこで、コストダウンできる方法をランキング形式でご紹介します。

コストダウンの方法TOP5

男女
no.1

建物をシンプルな形状にする

コストダウンを考えるなら、建物をシンプルに建設するのがおすすめです。表面積が少ない方がコストを抑えることができるので、2階建ての箱型が特にいいでしょう。

no.2

間仕切りを少なくする

個室が多いとその分、建具や壁が増えます。そうすると工事費や材料費もかかってしまうのです。間仕切りを減らし、空間を大きくするとコストダウンに繋がります。

no.3

必要な設備だけを設置する

住宅設備は、素材やデザイン・機能によって大きく価格が異なります。必要な設備を見極め、設置すればコストを抑えることができますが、後から追加で設置するとコストが高くなってしまうので要注意です。

no.4

建築に使う素材を統一する

構造や仕上げ材に使う素材は、半端に残ってしまった時に搬出・処分費用がかかってしまいます。素材を統一しておけば、全体の材料費を抑えることもできますし、無駄も少なくなります。

no.5

出来ることは自分でやる

塗装や珪藻土塗り、ウッドデッキを作るなど自分で出来そうなことは自分でやるといいでしょう。コストを抑えられるだけでなく、家づくりをしたという思い出にもなります。

スムーズに話を進めるために

注文住宅を建てるときはやることがいっぱいあって、どれから始めたらいいか分からずに困っている人も多いでしょう。どうやって準備を始めていくか知っておくとスムーズに家を建てられます。

注文住宅を建てるときの流れ

男の人

依頼先探し

まずは、どんな家を建てたいのかイメージするのが大切です。そして、予算やイメージに合った依頼先を探します。家を建ててからも長く付き合うことになるので、しっかりと見比べる必要があります。

依頼先の決定と契約

依頼先の候補が絞れてきたら、ショールームや住宅展示場などに行ってみると、より依頼先が決定しやすくなるでしょう。見積もりも比較してみて、どこに依頼するか決めたら契約を行います。

プランの詳細を決める

予算や希望に合わせて建材の素材や色、設備などを決めたリ、インテリアを考えたリと細かい部分までプランニングしていきます。同時に、建築確認申請やローンの申し込みをしておきましょう。

着工から入居

建物の着工が始まったら、現場にこまめに足を運んで進捗状態を確認した方がいいですね。無事に仕上がったら、竣工検査に立ち会って問題がないか確認します。また、上棟式を行ったり近所に挨拶に回ったりするといいでしょう。

[PR]
注文住宅は横浜に建てよう♪
悠悠自適な住まいを提供★

憧れの注文住宅を建てる【家主が覚えておきたい知識】

男性

ローンは幅広く検討して決める

家を建てる際は、設備やローンについても考える必要があります。住宅ローンの申し込みを行うときは、金利タイプや手数料などを見比べて借入先を決定するといいですね。返済期間が長期に渡る住宅ローンは、無理なく返せる条件で借りるのが大切です。余裕があるときは、繰り上げ返済を行うと後が楽になります。

夫婦

ペットがいる人は設備にこだわろう

ペットを飼っている人にとって、世話のしやすさや匂い対策などは気になるポイントでしょう。24時間換気できるシステムや消臭効果のある天井にすると匂いが気にならなくなります。また、傷が付きにくいクッションフロアにしたり、床材もペットが滑りにくいものを選ぶといいですね。

住宅模型

建てた後のメンテナンスも重要

注文住宅を建て終わったからと言って、それで終わりではありません。経年劣化すれば、外壁の塗り替えや水回りのパッキンの取り換えなど、修理しないといけない部分が出てきます。しかし、日ごろからメンテナンスをしておけば、破損が進む前に修理することができ、建物も長持ちさせることができるのです。

[PR]
宮大工なら専門業者へ!
大切な日本文化を守る達人!

[PR]
注文住宅は京都の業者に依頼!
0から計画を練られる♪

[PR]
豊橋で新築物件を探そう!
まずは見学に行くべき。