中古一戸建てを購入する時の注意点を伝授!

中古一戸建てを購入する時の注意点を伝授!

インテリア

自分でチェックできるポイント

藤沢で中古一戸建てを探す時に見るポイントがいくつかあります。外観の場合は屋根、軒裏、基礎、外壁をチェックしてみましょう。ヒビや塗装の剥がれ、破損がないかを見ます。室内では、ドアや窓の建てつけ、壁紙の剥がれやヒビ、キッチン下の匂いなどを確認した方がいいですね。

カップル

チェックが難しい場合は専門業者に頼もう

建物を自分でチェックするにしても、難しい部分が出てくるでしょう。特に小屋裏や軒下は、点検口の中に入ってチェックするのは難しいですね。そういう場合は、専門業者に依頼して見てもらうといいでしょう。

女の人

耐震診断をしよう

1981年、建築基準法が改正され「万が一大地震が起きても倒壊しない」ことが前提となっています。古い建物の場合は、その基準で作られていない可能性があるので、古い建物を購入する時は耐震診断を行いましょう。もし耐震性に問題があれば、耐震補強を行うべきです。

耐震構造と免震構造の違い

耐震構造

建物自体を強く作ることで、地震の揺れを受け止められるようにしているのが耐震構造です。全体の住宅の99%がこの構造で作られていますが、大きな地震が起きたら建物自体が揺れるため、室内にいると大きな揺れを感じるでしょう。

免震構造

ゴムなどで作られている免振装置を建物の基礎部分に設置し、足元で地震の揺れを吸収します。地震が起きたときは建物がゆっくりと揺れるため、家具の転倒や建物の損傷、室内の揺れは少ないでしょう。