家を建てるなら宮大工に依頼しよう【加工技術はピカイチ】

宮大工が一般住宅を建てることもある

宮大工と言えば、神社仏閣の建築や修理を専門的に行う大工のことです。神社仏閣以外の建物と関わることはないように思えますが、伝統的な技術を取り入れながら、一般の住宅を建てるケースも増えているのです。

宮大工が手掛ける建築

  • 社寺建築
  • 注文住宅
  • リフォーム
  • 増改築

家を建てるなら宮大工に依頼しよう【加工技術はピカイチ】

住宅模型

伝統的な技術を取り入れられる

一般的な大工が2~3年の修行で一人前になるのに比べ、宮大工は10年もの修業期間が必要となります。木材の加工に関して、一般的な大工よりも専門的な技術を持っています。その技術を使用して家を建てることで、伝統的な技術を取り入れながら、現代的な家を建てることができるのです。

神社

細かいところまで作り込むことができる

宮大工は木組みの技術が優れていますが、同じように造作技術も磨かれているため、細かいところまで作り込むことが可能です。家の彫刻なども手掛けることがあるので、造作も得意としているのですが、これは宮大工ならではの特徴と言えるでしょう。

神社

宮大工に建築を依頼する時の方法

最近では、社寺建築を行っている建築会社でも一般住宅を建てている会社が多いので、ホームページなどで確認してみるといいでしょう。また、実際に建てた家の写真を載せている場合があるので、どんな家が建てられるのか参考にするといいですね。

どんな家を建てたいのかよく考える

家を建てた後は何十年と長い間住み続けるものですから、細部までこだわった家を建てたいものでしょう。現代風にしたいのか、オシャレな感じにしたいのか、和風な建物にしたいのかなどをよく考え、依頼する会社を決めるといいですね。