新築を建てるか?買うか?自分に合っている家を探そう

新築の家を手に入れる方法は2つある

新しく家を手に入れるときには、自分で設計から手掛けて家を建てる方法と、既に設計されている家を購入する方法があります。どちらがいいか悩んでいるのなら、ここでじっくりと違いを見てみましょう。

新築を買うのと建てるのではどちらがいいのか

新築を買う

建売住宅の場合、建物と土地が一緒に販売されているため、土地探しの手間や間取りを考える手間が省けます。また、大規模開発されている場所で探せば、きれいな街並みになっているだけでなく、必要な施設が周りに揃っているので、生活しやすいでしょう。

新築を建てる

土地を持っていない場合は、土地を探すことから始まるため、少し大変かもしれません。しかし、気に入った土地があれば、設計の段階から家づくりに携わることができるため、自分のこだわりを詰め込んだ家を建てることができます。

新築を建てるか?買うか?自分に合っている家を探そう

一軒家

土地探しに難航したとき

新築を建てたいけれど、気に入る土地がなく土地探しが難航しているときは、建築条件付きの土地を見てみるのもいいでしょう。施工会社が指定されているのですが、注文住宅と同じように、設計を自由に行うことが出来ます。

家とハートを持つ人

不動産会社にあらかじめ伝えておこう

希望するエリアがある場合に、その場所で希望条件に合う土地があれば嬉しいものです。ですから、土地が供給されるチャンスを逃さないようにしないといけません。そのためには、不動産会社にあらかじめ希望する条件の詳細を伝えておくといいでしょう。また、複数の区画が売り出されると、方角や広さを好きに選ぶこともできるので、合わせてチェックしておきたいですね。

家族

早く住みたいなら建売住宅がオススメ

建売住宅は、着工前、工事中、完成済みのどの段階でも購入することができます。完成済みの場合、ローン手続きや売買契約を済ませれば、1か月ほどで引き渡しが可能です。一方、注文住宅の場合は土地探しやプランニングにかける時間によって、入居までの期間は大きく異なります。

それぞれのメリット・デメリットを比べる

豊橋で新築に移り住むことを考えているなら、購入した場合と建築する場合のそれぞれの特徴を理解する必要があります。後悔しないようにするためにも、家族できちんと話し合った方がいいですね。